SAMMY TREATMENT

スペシャリストインタビュー

 

パーマ美容師

​になった理由

サミートリートメントの特徴

―サミートリートメントと通常のトリートメントとの違いとはなんですか?


サミートリートメントのような酸熱トリートメントは第4 世代のトリートメントと言われています(4Gトリートメント)。
毛髪内部を強化してくれるので、外側からコーティングするというものとは全く違いますね。
さらにこの4Gを極めた人たちが今まさに5Gを作っています。
同じ酸熱だけど、新たに使いやすく失敗も少なくできるものが5G として今後出てくると思いますよ。

 

縮毛矯正やストレートパーマとの違いはなんでしょうか。
 

代わりにはならないけど、やめる可能性にはなるもの、ですね。
縮毛矯正は髪へのダメージはあるけどストレートになり、サミートリートメントはダメージがなくクセがまとまる、というのが一般的な表現です。

 

つまり、ストレートにしたいわけじゃないけど傷めたくない、でもクセを抑えたい人にはサミートリートメントが向いているのです。
 

縮毛矯正を続ける方の多くは、縮毛で髪が傷み広がってしまうのを“クセ”と思っています。
「縮毛は傷みが気になるからやめたいけど、バサバサな髪になるのは嫌、だから縮毛矯正を続ける」の連鎖を繰り返していて、それを止められるのがサミートリートメントなのです。


でも、“クセ”だと思っていた広がりは、実はダメージ
 

「酸熱は“クセ”を伸ばしているではなく、広がりがまとまるからストレートになる。」これを勘違いしている美容師が非常に多いですね。
 

 

持続性はどうですか?
 

酸熱に関しては「持続」という言葉が違うと思っています。特に僕は「改善」としてやっているので。
髪の毛は普段の生活で傷みます。
サミートリートメントは毛髪を酸性に寄せるので、シャワーなどアルカリに触れることでキューティクルが開き、手触りや質感が「取れた」と感じるのです。
しかし実際は、毛髪内部の強化されたコルテックスは変わりません
パーマ美容師からすると、来店して「取れた」と言われても、髪は太くなっているから持続性はあると言えます。

キューティクルの損傷具合で一概には言えませんが敢えて持続性を言うなら1 ヵ月半が平均値かな、というところですね。

 

これまでにサミートリートメントで苦労した点や失敗した事例などありますか?
 

“クセ”が伸びると思ってやっていた時ですが、ノフのパーセンテージを変えたりしている時に逆に広がってしまったとか、そういう検証中の失敗はあります。
苦労したことと言ったら、僕は美容歴が長いからか、自分の手で触った感覚を他の人に共有できない点でしょうか。

言葉にできない感覚があるのです。
悩みの解決までの導き方がや感覚が真似できないから、それを伝えるのが難しいかもしれません。


でも、逆を言えば、それがあるからずっと変わり続けることができるのです。

SAMMY.NYC

  • Instagram
  • Facebook Clean

東京都を中心に全国のサロンで導入されている酸熱トリートメントブランド

© 2018 SAMMY.NYC Inc.