SAMMY TREATMENT

スペシャリストインタビュー

 

サミートリートメントの特徴

「これまでの概念を覆す、サミートリートメント」

―通常のトリートメントとの違いは何ですか?

 

サミートリートメントは通常のトリートメントと違って、施術後、効果が目で見てはっきりと分かります。

癖毛や、ボリュームを自然にそして確実に抑える事ができるのです。

 

艶感、質感、そして持続性に関して、これまでのトリートメントとは比べ物にならないほどの満足感を得られますね。

また、シャンプー後、乾かす時間が短くなりますし、髪の揺れ方が変わるのも(特にロングヘアの場合)トリートメントとの違いでしょう。

 

―以前から波多さんがブログでも人体に悪影響を及ぼすとして警笛を鳴らしているケラチンブローアウト。さらに縮毛矯正やストレートパーマとの違いは何ですか?

 

昔のストレートパーマってお客様もすごく大変で、高いですし時間もかなりかかりました。

手触りも自然とはいえない...。施術中も髪にパネルを貼り付けて伸ばすので頭が重いし、申し訳ないと思いながらもお客様の要望に応えるため…。いつもそんな思いで施術してました。

その時は、それに慣れて当たり前だと思っていたのです。

 

しかし、その後にアイロンを使用して伸ばす縮毛矯正が現れ、かなり画期的で未だにファンは多いですが、

苦手な方も多く、個人的に軽い癖毛の方にはあまり積極的に勧められなくなってました。

 

そしてこれまでストレートにするために主流だったのは縮毛矯正です。

NYではジャパニーズリラクサーといって、サミ ートリートメント生みの親でもあるサミー宮本さんが広めたものでした。 

髪に対するリスクが高く今よりももっと高価でしたが、それまでには無い素晴らしい施術で一気に大ブレイクしました。

 

そしてその後に縮毛矯正のように髪が傷むことがない、ブラジリアンブローアウト、ケラチンブローアウトというものが出て来たのです。

 

―つまり癖毛を抑える為に縮毛矯正に代わるものがブラジリアンブローアウトや、ケラチンブローアウトだったと。でもケラチンブローアウトは、人体に悪影響を及ぼすとされているのですよね。

 

はい、そう聞いています。

まず、かなりの煙と臭いですし、薬剤が蒸発してそれを吸い込んでいるわけですから。妊娠しているスタイリストは避ける傾向にあります。

ケラチンブローアウトですぐに人体に影響があるわけではないと思いますが、定期的に施術する必要があり、施術者にとってはかなりの回数を重ねる事になります。

 

縮毛矯正もケラチンブローアウトも、お客様は金額が高くてもやりたいし、美容師はリスクがあると分かっていてもやってあげたい。

それほど髪をストレートにしたいという要望が多いという事なのです。

 

僕もケラチンブローアウトの効果は認めていて、なんとか日本でできないかと色んなメーカーに問い合わせましたが、それと同じような効果を発揮するものは見つけられませんでした。

 

縮毛矯正、ストレートパーマ、ケラチンブローアウト…これらの悩みを全て覆してくれたのがサミートリートメントでした。

 

―従来のストレートのための縮毛矯正にとって代わる救世主的な存在ということですか?

 

そうですね。サミートリートメントはアイロンを使用するといっても髪を強く潰して伸ばすわけではなく、あくまで蒸すような状態で伸ばしていくものなのです。

正しい使い方ができれば全く髪にダメージを与えることなく、誰でもお客様の髪を美しい艶髪にしてあげられるのです。

 

 

―持続性についてどう感じていますか?

初回のみ、2回施術で3か月くらい持ちますね。

SAMMY.NYC

  • Instagram
  • Facebook Clean

東京都を中心に全国のサロンで導入されている酸熱トリートメントブランド

© 2018 SAMMY.NYC Inc.